看護師

癌の転移は血液が関係している~病院で血液検査を受けましょう~

症状に気づくことが大切

マスク

脳腫瘍は、早期発見が出来れば手術が必要なく、放射線治療で治すことが可能です。そのため、頭痛といった症状が続いていれば早めに病院に行くことです。治療の手段として、手術だけではなく薬などの治療法も組み合わせる場合もあります。

詳しく読む

脳に血管障害が起きる病気

入院患者

血管が狭くなり詰まる病気

脳梗塞という病気を耳にしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。梗塞とは塞がって通らないという意味で、脳梗塞は脳の血管が狭くなって塞がってしまうと起きる病気です。血管が詰まると血液が流れなくなり、脳に酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいます。医学的には虚血性脳血管障害と呼ばれています。虚血性脳血管障害には、脳梗塞と一過性の虚血性脳血管障害の2種類があります。脳梗塞は血管が詰まっただけでなく、脳の細胞が死んでしまう状態になっています。一過性は脳の細胞がダメージを受けただけの状態です。脳梗塞の症状が進行すると脳卒中に繋がることがあります。脳卒中は、癌とともに日本人の死亡原因の上位にあげられています。

なぜ血流が悪くなるのか

ここからは、血管が詰まったり細くなったりする原因をあげていきます。脳梗塞の原因として多いのが動脈硬化です。動脈硬化は、血液がドロドロになって流れが悪くなったり、血の塊(血栓)が出来たために詰まったりしている状態です。動脈は酸素や栄養を運ぶ働きをしていますが、詰まってしまうと脳に栄養や酸素が行き渡らなくなってしまいます。脳に繋がる動脈に動脈硬化が起きると細胞が死んでしまうのです。次に考えられる原因として、心臓に出来た血栓が血液にのって流されてきて脳の血管が詰まってしまうことです。突然、脳梗塞を発症した時は心臓から流れてきた血栓が原因となる場合が多くなっています。脱水症状が原因で血液の流れが悪くなると脳梗塞をおこすことがあります。動脈硬化や血栓がなくても脱水症状が原因で脳梗塞を発症することがあります。

血液が正常に全身に巡っていないと、癌が転移する可能性もあるのです。癌は転移する確率が高い病気でもあります。その確率を少しでも下げるためにも普段から血液の循環をよくする工夫をしましょう。自分の血液が正常かどうか分からない人は、病院に行って血液検査をしてもらうことも可能です。

冬場は注意が必要

医者

脳動脈瘤は遺伝性のものが多い疾患で、怒りや興奮や温度差などに気を付けると予防が出来るのです。日常生活は気を付ける事が大切であり、脳動脈瘤がある事を意識しながら生活することが必要といえます。

詳しく読む

腎臓の病気と闘う

病院

腎臓病は腎臓の中の管や細胞がおかされることによって起きます。その症状はほとんど無自覚であることも多く、気づいた時には10年ほど経っていることもあります。体内に老廃物が溜まることでむくんだりします。

詳しく読む