看護師

癌の転移は血液が関係している~病院で血液検査を受けましょう~

冬場は注意が必要

医者

気持ちを落ち着かせるようにする

脳動脈瘤は脳の血管にコブのような血液の塊が出来ている状態です。原因はわかっていませんが、遺伝が関係していると考えられています。家族や近い親戚に同じく脳動脈瘤が出来ている場合は定期的な検査が必要になってきます。脳動脈瘤は小さいコブのうちは様子をみても大丈夫です。大きくなった場合はくも膜下出血の原因となる場合があります。血管を守ることが生活していく時の課題になることがあるのです。常に穏やかな気持ちでいられるような環境を周りの人の協力で作る必要があると言えるでしょう。怒りや興奮などの気持ちの高ぶり、温暖差で、血圧が急激な高くなった場合は安静に横になることを心がける必要があります。血管の張りや血液の流れなど検査を受けて脳動脈瘤を持っているという意識を持ちながら生活していくことが大切になるのです。

手術で取り除ける

脳動脈瘤は普段は何も悪さはしていない症状です。ただ大きな病気を引き起こす可能性があることには配慮が必要です。常にその事を意識しながら生活している人は多いといえます。手術で切除することは出来るのですが次にまた同じように脳動脈瘤が出来てしまう可能性は高いです。これはその人の個性の一つとして捉え、考え方を変えて上手く付き合う方法を考える方が先になってくるのです。興奮や怒りを避けることは難しいことです。医師が処方する薬をもらいながら血管年齢が若くなれるように気を付けることが重要になるのです。脳動脈瘤が出来ているからとはいえ全員がくも膜下出血を起こしていることはありません。生活習慣に気を付けながら生活が出来れば健康な体を持つ人と同じように過ごせるといえるでしょう。しかし、心配であれば病院を受診して医師に相談してみましょう。