看護師

癌の転移は血液が関係している~病院で血液検査を受けましょう~

症状に気づくことが大切

マスク

時間をかけないこと

脳腫瘍の多くは、突然大きくなるわけではありません。サイズが小さいうちに治療を受ければ、高い確率で治すことができます。ちょっとしたことに気づくことで、治療にかかる時間を短くすることができます。脳腫瘍になったからといって、すぐに手術が必要になるケースは少ないです。腫瘍が小さいならば、手術をしなくても治すことが可能です。気をつけなければいけない症状は、頭痛があります。もちろん、頭痛が起きたらすべて脳腫瘍が関わっているわけではありません。脳腫瘍の疑いがあるケースは、長く続く頭痛です。すぐに治っても翌日にまた頭痛がでているならば、一度病院で診てもらうとよいです。他にも吐き気や急に視力が落ちたなどであれば、脳腫瘍によって圧迫されている可能性もありますので専門医に相談してみることです。

組み合わせて治療します

現在、脳腫瘍の治療方法は組み合わせて使われることが多いです。早い段階で見つけたならば、放射線治療だけで完治することもできますが、たいていの場合は脳腫瘍が大きくなり手術が必要になります。手術によって、すべての脳腫瘍がとれるわけではありません。脳の場所によってはとれないケースもありますので、その場合は放射線治療に加えて抗がん剤などの薬を使用して残った腫瘍をなくす手段がとられます。脳腫瘍はきちんと治すことができれば、再発しにくいものです。頭痛などが続いていれば、検査を受けて脳腫瘍がないかどうか医師に診てもらうことが重要です。症状が軽いからといって油断してはいけません。脳にできたものは自然に治ることはほぼありません。早く対応することで、悪化を防ぐことができます。