看護師

癌の転移は血液が関係している~病院で血液検査を受けましょう~

腎臓の病気と闘う

病院

原因と病気の内容

腎臓病は、腎臓の中の管や細胞がおかされることによって腎臓の働きが悪くなる病気のことです。一口に腎臓病とまとめていったとしても、その症状などは様々となります。腎臓の働きは主に体内の老廃物を流すことや、体の中の体液を一定に保つことや、ホルモンの生成などです。それぞれ体にとってかなり重要な役割を果たすため、腎臓病になるとこれらが正常に行われなくなるため、体に良くない症状がでるのです。腎臓病は初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、腎炎などであれば10年ほど経ってからようやく症状に気づくようなこともあり得ます。慢性腎不全になるとうまく老廃物を排出できず、体に不要な老廃物をため混んでしまいます。有害な物質によって体のむくみなどが起こります。

治療法と予防法

腎臓病になった人が行なう治療法も様々ですが、日常生活において予防していくことも大切です。腎臓病はその生活習慣が原因でなる場合も多く、治療するときにも食事療法などをとることがあります。食事をとるときには食塩などの塩分を摂りすぎないことに加えて、たんぱく質を制限して、他の栄養素をしっかりととることが重要になります。腎臓病になった後は、必ず規則正しい生活を心がけるとともに激しい運動を避けるなどの努力も必要です。ストレスをためることも病気にとって良くないことではありますので、病気であるからといって家にふさぎ込むのではなく、外に出かけてリフレッシュすることも有効です。良い食生活と生活習慣で健康な体を目指すと良いです。適度な運動量がわからな場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。そうすれば適度な運動を安心して行なうことができます。